霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2014.4.23-yomiuri-saito
    「新選組・斎藤一の新発見資料」 読売新聞で大きく紹介
     霊山歴史館所蔵の警視庁名簿。後半生を知る貴重な資料
 
   霊山歴史館が所蔵する「新選組・斎藤一資料」が、読売新聞で紹介されました。
 斎藤一は、新選組三番隊組長をつとめ、沖田総司、永倉新八と並ぶ最強の剣士の一人といわれました。戊辰戦争では、会津まで転戦し、会津藩士とともに新政府軍と最後まで戦いました。維新後は、警視庁の警察官になったとされていましたが、明確な資料がなく、その消息は不明なところがありました。
 霊山歴史館では、昨年末に警視庁に勤めた関係者の子孫から名簿(右写真)を入手。そこに斎藤一の名があり、調査の結果、斎藤本人で間違いないとされました。
 記事では、「明治初期の警視庁第六方面第二署=現小松川署(江戸川区)の名簿が見つかり、幕末の新選組隊士、斎藤一(1844~1915)とみられる名前が記されていることがわかった。(略)専門家は『斎藤の後半生を知る貴重な資料』とみている」などと紹介しています(下写真)。
 斎藤一は、昨年のNHK大河ドラマ「八重の桜」でも登場し、ミュージシャンの降谷建志さんが演じて注目されました。降谷さんは、昨年7月、霊山歴史館を訪れています。
 「斎藤一資料・警視庁名簿」は7月23日から開催する「夏の企画展」で公開します。ぜひご覧ください。


 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト