霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 維新維新土曜トーク
 
 
   
     日 時
 テーマ
第79回 (2017年10月7日) 「幕末維新の烏丸周辺を歩く」(現地講座)
第78回 (2017年4月1日) 「書はその人の如し-幕末維新の書」
第77回 (2017年2月4日) ギャラリートーク「春の特別展 幕末志士群像 新収蔵品展」
第76回 (2016年12月3日) 「2人の祐宮 尊号一件から明治天皇即位まで 中川家の奮闘」
第75回 (2016年10月1日) 「幕末維新の河原町御池周辺を歩く」(現地講座)
第74回 (2016年6月11日) 「禁門の変とどんどん焼け」
第73回 (2016年4月2日) 「アーネスト・サトウがみた幕末日本」
第72回 (2016年2月6日) 「武士の美意識」
第71回 (2015年12月5日) 「幕末維新期のお伊勢参り」
第70回 (2015年10月3日) 「幕末維新 山陰街道の宿場町・樫原を歩く」~現地講座~
第69回 (2015年6月6日) 「幕末刀剣裏話」
第68回 (2015年4月4日) 「梅田雲浜と松陰」
第67回 (2015年2月7日) 「至誠の人 吉田松陰」
第66回 (2014年12月6日) 「新選組と戊辰戦争の淀を歩く」(現地講座)
第65回 (2014年10月4日) 「二条城物語」
第64回 (2014年6月7日) 「三吉慎蔵日記を読む~慎蔵とその周辺の人々」
第63回 (2014年4月5日) 「ペリー来航の真相」
第62回 (2014年2月1日) 「岩倉具視と京都改革」
第61回 (2013年12月7日) 「幕末動乱の石清水八幡宮を歩く」 ~現地講座~
第60回 (2013年10月5日) 「明治天皇と近代日本の外交」
第59回 (2013年6月8日) 「新島八重~愛と闘いの人生」
第58回 (2013年4月6日) 「新島八重の実像」
第57回 (2013年2月2日) 「幕末の都々逸~新選組島田魁ら~」
第56回 (2012年12月8日) 「幕末動乱の京都御所周辺を歩く」
第55回 (2012年10月6日) 第1部講演会「なぜ新選組は結成されたか」
第2部対談「銀幕・土方歳三の世界」 俳優・栗塚 旭氏
第54回 (2012年6月2日) 「慶応三年の高槻籠城と梶原台場~幕末の京都防衛構想~」
第53回 (2012年4月7日) 「阿部正弘とペリー来航」
第52回 (2012年2月4日) 「人づくりの教育者・西谷良圃と仲間たち」
第51回 (2011年12月10日)  
「お菓子・幕末よもやま話」
「幕末・維新の乙訓をゆく」
「徳川慶喜とロッシュ」
「新選組と十七烈士の天王山」
第46回 (2010年12月4日)
「幕末維新の時代の老舗とベンチャー」
「勝海舟と佐藤政養」
「龍馬と土佐」
「龍馬と岩崎弥太郎」
「なぜ神戸海軍操練所ができたのか」
「龍馬講談 翔る・龍馬脱藩」
「甲州街道と新選組」
「西郷隆盛の知られざる遠島生活」
「幕末のあそび」

■ご参加について

<維新維新土曜トーク> 通常の場合(特別行事のときは変わります。)
◇参加費:
  一般参加 500円(当日持参)
  歴史館友の会会員は無料(会員証持参)
◇お申し込み:
  行事名、連絡先などご明記の上任意の方法で霊山歴史館あてお申込みくださ  い。
  〒605−0861 京都市東山区清閑寺霊山町1
  電話:075−531−3773 ファクス:075−531−3774
  メール:office@ryozen-museum.or.jp
◇定員:
  毎回先着150名。(行事によって変わることがあります)

<特別行事> ツアー、歴史教室など
参加費等条件が変わります。各案内ページをご参照ください。

<お願い>
申し込み後の無断欠席はご遠慮ください。

このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト