霊山歴史館
  • 表示切替:PC
  • SP

展覧会

2019年秋 維新歴史ウォーク 10月27日(日)開催

現地講座「木屋町史跡散策~幕末志士に思いを馳せる~」

米澤学芸員が解説、今回は「志る幸」で昼食会も!

★募集は終了しました★

幕末期、三条木屋町周辺にはたくさんの藩邸がひしめき合い、倒幕派と佐幕派に分かれてしのぎを削っていました。南北1キロ、東西400メートルの間に、北から長州藩、加賀藩、対馬藩、岩国藩、彦根藩、土佐藩と6つの藩邸があり、幕末関連の石碑も20本以上が立ち並んでいる幕末史跡の密集地を案内します。 またお昼は、池田屋事件勃発のきっかけをつくった志士・古高俊太郎の寓居跡に建てられた「志る幸」で名物の利休辨当を頂きます。ぜひ、ご参加下さい。

★友の会会員様には、広報誌「維新の道173号」にて先に同内容の現地講座を10月5日開催でご案内しておりましたが、好評につき定員に達しましたので、10月27日にも追加開催いたします。10月5日の現地講座は予定通り開催いたします。

左より、土佐稲荷神社、古高俊太郎寓居跡碑、「志る幸」の利休辨当
◇日 時: 10月27日(日) 午前10時~午後1時ごろまで(雨天決行)
◇講師: 霊山歴史館 米澤亮介 学芸員
◇集合場所: 京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」改札口
◇解散場所: 阪急電車「河原町駅」
◇コース
(2時間+食事)
桂小五郎銅像→長州藩跡碑→加賀藩邸碑→佐久間象山寓居跡碑→武市半平太寓居跡碑→吉村寅太郎寓居跡碑→対馬藩邸跡碑→岩国藩跡→池田屋騒動跡碑→坂本龍馬寓居跡碑(酢屋)→後藤象二郎寓居跡碑(壺屋跡)→独身時代 お龍寓居跡碑、中井弘蔵寓居跡碑→彦根藩邸跡碑→土佐藩邸跡碑→土佐稲荷神社→坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地碑(近江屋跡)→福岡孝弟寓居跡→称名寺(門前のみ)→中岡慎太郎寓居跡碑→谷干城寓居跡→古高俊太郎寓居跡碑(食事)など。
※行程は変更になる場合があります。
◇定員: 20名( 要予約
◇参加費: 一般 3000円、友の会会員 2500円
※昼食時、お酒類は各自でご注文いただけます。
◇お申込み: ★定員に達しましたので、募集は終了しました★
◇入金締切日 9月30日(月)
※締切日が早いのでご注意ください。

◇送金方法:

郵便局にある備え付けの払込票でご送金いただく場合
口座記号番号 01080-7-20165
加入者名 公益財団法人 霊山顕彰会(こうえきざいだんほうじん りょうぜんけんしょうかい)
オンラインなど銀行からのお振込の場合
ゆうちょ銀行 店名:一〇九 店(イチゼロキユウ店) 口座番号:0020165
口座名義 公益財団法人 霊山顕彰会(こうえきざいだんほうじん りょうぜんけんしょうかい)