展覧会

  • 展覧会 開催中

    渋沢栄一が生きた幕末 第3期 栄一をめぐる人々

    栄一は500もの企業、600もの団体の設立や経営に携わったため、「近代日本資本主義の父」と呼ばれています。この展覧会では、幕末期の栄一と交流のあった徳川慶喜や近藤勇、土方歳三、木戸孝允、西郷隆盛、フリュリ・エラールなどの資料を中心に、明治期に関わった政治家や三井家の資料も展示します。

    展覧会 渋沢栄一が生きた幕末  第3期 栄一をめぐる人々見どころ紹介

    第3期 栄一をめぐる人々 2021年9月14日(火)~2022年1月23日(日)

イベント

講演会・教室 予約受付中

講演会「龍馬と慎太郎」

木村武仁 学芸課長

京都霊山護国神社の境内に墓石が並んで建てられている坂本龍馬と中岡慎太郎。2人は倒幕を志す同志でしたが、おこなった活動は全然違うものでした。慎太郎は自身の日記に龍馬のことを「海軍生」という隠語で記していますが、2人の意外な関係性や、2人の人となり、慎太郎の出自などについて分かりやすく解説します。

2021年11月14日(日)

幕末維新ミュージアム
「霊山歴史館」のご紹介

  • youtube