展覧会

  • 展覧会 開催中

    渋沢栄一が生きた幕末 第3期 栄一をめぐる人々

    栄一は500もの企業、600もの団体の設立や経営に携わったため、「近代日本資本主義の父」と呼ばれています。この展覧会では、幕末期の栄一と交流のあった徳川慶喜や近藤勇、土方歳三、木戸孝允、西郷隆盛、フリュリ・エラールなどの資料を中心に、明治期に関わった政治家や三井家の資料も展示します。

    展覧会 渋沢栄一が生きた幕末  第3期 栄一をめぐる人々見どころ紹介

    第3期 栄一をめぐる人々 2021年9月14日(火)~2022年1月23日(日)

  • 展覧会 次期開催

    企画展 京都守護職就任160年記念           
    「会津藩主・松平容保と新選組」

    2022年は松平容保が京都守護職に就任して160年目に当たります。
    この企画展では、禁門の変や会津戦争などの資料から松平容保や会津藩、新選組にスポットを当てます。

    企画展 京都守護職就任160年記念「会津藩主・松平容保と新選組」 1月26日(水)~5月15日(日)

イベント

講演会・教室 予約受付中

講演会 信義の人 松平容保

木村武仁(霊山歴史館 学芸課長)

松平容保は陸奥国会津藩9代藩主で、京都守護職を務めたことで有名です。
その気質は真面目で一本気、誠実で策略を嫌ったことから、近年、「信義の人」として注目が集まっています。その出自や会津藩の「什(じゅう)の掟」、強い影響を受けた「会津藩家訓(かきん)十五ヶ条」、京都守護職時代や会津戦争などから、容保の実像に迫ります。

2022年02月05日(土)

幕末維新ミュージアム
「霊山歴史館」のご紹介

  • youtube