展覧会

  • 展覧会 次期開催

    渋沢栄一が生きた幕末
    第1期 渋沢栄一と徳川慶喜

    渋沢栄一は2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公に選ばれ、その肖像が2024年に発行される新一万円札に採用されるなど、注目を集めている。
    500もの企業、600もの団体の設立や経営に携わり、「近代日本資本主義の父」と呼ばれているが、幕末期の渋沢は尊王攘夷の志士で、その後、徳川慶喜に仕える。
    この展覧会では、渋沢と関係があった徳川慶喜や近藤勇、土方歳三、木戸孝允、西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文、大久保一翁、フリュリ・エラールなどの資料とともに渋沢の生きた時代にスポット当てる。

    『渋沢栄一が生きた幕末』見どころ紹介

    『渋沢栄一が生きた幕末』関係人物相関図

    第1期 渋沢栄一と徳川慶喜
    2021年3月2日(火)- 2021年5月16日(日)
    ※緊急事態宣言の延長に伴い、開始日程を変更しておりますのでご注意ください。(2月26日)

    第2期 渋沢栄一と新選組
    2021年5月18日(火)- 2021年9月12日(日)

イベント

若き日の徳川慶喜写真
講演会・教室 予約受付中

若き日の徳川慶喜

木村武仁 学芸課長

徳川慶喜の九男の未亡人は「慶喜公という方は不思議な方で、ご自分の人生の大半を他人が作っている」と語っていますが、政治に利用されることが多かった慶喜の激動の前半生に迫ります。

2021年03月20日(土)

幕末維新ミュージアム
「霊山歴史館」のご紹介

  • youtube