展覧会

  • 展覧会 開催中

    常設展

    メイン展示では、坂本龍馬、新選組・幕府関連にスポットを当て、貴重な資料を常設展示しています。また、当館 初代館長・松下幸之助(パナソニック創業者)と霊山に関するコーナーも新設展示しました。

    2022年1月26日~

  • 展覧会 開催中

    幕末土佐のいごっそう 龍馬と土佐勤王党

    「いごっそう」とは土佐弁で、「気骨がある男」という意味です。土佐勤王党は文久元年(1861)8月、武市瑞山(半平太)や大石弥太郎などによって江戸の土佐藩中屋敷で結成されました。武市は公武合体派だった土佐の藩論を「一藩勤王」に転換しようとしました。武市が帰国後、最初に加盟を呼びかけたのが坂本龍馬で、最盛期には200名近い加入者がいました。この企画展で、土佐勤王党や倒幕に奔走した土佐人の功績を紹介します。

    幕末土佐のいごっそう 龍馬と土佐勤王党 11月9日(水)~1月22日(日)

イベント

講演会・教室 終了

講演会「坂本龍馬 殺害事件の実像」

木村武仁(霊山歴史館 学芸課長)

龍馬らの殺害は、多くの資料が残されていますが、その内容が少しずつ異なるため、余計に混迷を深めています。本講演会では、現代語訳した当時やその後の資料から事件の謎を紐解いていきます。

2022年11月13日(日)

幕末維新ミュージアム
「霊山歴史館」のご紹介

  • youtube